ニュース・トピックス詳細

【少量危険物保管庫】
確認検査に来た担当消防官に「突撃インタビュー」してみました。

■ 今回は、弊社で「少量危険物保管庫」をご購入頂きましたお客様より「所轄消防署様が、使用前の検査を実施する」との情報があり「担当消防官へ突撃インタビュー」を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q1.  どのような箇所を重点的に検査していますか?

 

<担当消防官の回答> 基本的に、提出された届出(許可申請)の各仕様の情報に相違がないかを確認しています。

 

 

 

Q2. 危険物保管庫の設置者様へお願いや、メッセージはありますか?

 

<担当消防官の回答> 火災が発生した際に(我々消防が)、適切な消化活動を行う為に、保管庫の標識に「正しい情報と大きな文字で分かりやすく記載して欲しい」

 

 

 

Q3. 弊社でご提案している「ユニット型の危険物保管庫」に対し、どのうような印象がありますか?

 

<担当消防官の回答>   個人的にユニット型の保管庫は、安心感があります。

事前に法令適合を想定して製造しているから。但し、設置前に仕様書を基に、ご相談頂きたいです。

 

 

 

Q4. 検査時間はどの位の時間が、必要ですか?

 

<担当消防官の回答> 管轄消防により様々だと思いますが、我々の場合、通常1拠点、30分程度で検査完了しています。但し、規模により変わります。

 

 

 

Q5. 抜き打ちの立ち入り検査は、どのような事業所へ実施していますか?また、どのくらいの頻度で行っていますか?

 

<担当消防官の回答>  それは、言えないです(笑)。ただ、以外と第三者からの通報が入り、検査に行くことはありますよ。

 

 

 

 

~ 約30分程度の検査を終え、消防官様は次の現場へ足早に向かって行かれました。

弊社では、所轄消防への打合せ・折衝を代行しています。お気軽に、ご相談下さい。